胡蝶蘭という花

胡蝶蘭はラン科の花であり、海外ではファレノプシスと蛾が舞っているように見えることから名づけられ、日本では蝶が舞っているように見えることからこの名称が付けられました。

この花の花言葉は幸せが飛んでくるといった。
縁起がよく祝福する意味となっているため何かしらの記念があった際に贈られる定番となっています。
色によっても花言葉は変わってきますが、この幸福を示す言葉だけは共通であるためにどの色を贈っても問題はありません。
幸福以外にも愛に関連する花言葉も含むため、そのような恋愛に関係のある行事に適任な花ともなっています。

そして花言葉だけではなくその見た目も蝶が舞うように見えると言われている通りに美しいものであり、更に全体的にシンプルで奇をてらっていないのも贈られる花として選ばれる理由となっているのでしょう。
見た目だけでなく花の種類としては高価なものにもなるため、手に入れるには一定の費用が必要ですが、その高価さもまた贈り物としての価値を上げている理由にもなっているのでしょう。

どんなものにも終わりがある通りに花にも寿命が存在します。
僅か数ヶ月で散ってしまう短命の花もあれば、意外と長く根付く花も存在するのです。
そして胡蝶蘭の場合には後者であり、花の中でも特に寿命が長い種類となっています。
では胡蝶蘭の花の寿命はどれくらいなのでしょうか。
しかし、どんな寿命が長い花でも手入れを間違えれば命が短く終わってしまいます。
では胡蝶蘭を長生きさせるためにはどのような面に気をつけなければいけないのでしょうか。



□管理人推奨外部リンク
開業祝いや人事のお祝いなどの定番になっている胡蝶蘭を購入できるサイトです … 胡蝶蘭 開業祝い